壊れたアイフォン

2016年に発売されてからいまでも中古市場をみてみると2万円以上の値段がついているiPhone7。

私は2017年に買って4年近く使っていましたが、イトーヨーカ堂の駐輪場で落として画面を割り、ゆで太郎で落としてホームボタンが壊れ、ついに雨の日に水没して充電ができなくなりました。

スマホはガラケーと同じようにごみとしては捨てられずメーカーなどに回収してもらわないといけないので探していたところ、Appleのリサイクルプログラムを知りさっそく申し込んでみました。

一度はApple Storeに持っていったものの

水没したiPhone7。米に突っ込んでも回復しなかったのでリサイクルへ。

以前も中古で買ったiPhone7を水没で壊してしまい銀座のApple Storeに持っていったことがありました。

しかしコロナ感染防止のために入店できる人数を制限しており基本的には予約した人でないと案内できない状況でした。

私はずるがしこいのでお店のお姉さんに「壊れたiPhoneをリサイクルしに来ただけですぐ終わるからお願いします」といってみたところ坊主にしたジョン・レノンのようなおっちゃんに掛け合ってもらい無事OKサインをいただけました。

そこまではよかったものの壊れたiPhoneを渡して帰ろうかというときにおそらく予約せず外で待っていたおばさんが店員のお姉さんに小言をいうではありませんか。「並んで待っているのにずるくない?」みたいなことをお姉さんの耳もとでささやいていました。

待つのがイヤなら予約するか私のように用件を伝えて交渉すればいい話ですがまさかお姉さんに小言をいう人間がこの世にいるとは思わずお姉さんを不快にさせてしまいました。申し訳なかったので今回は郵送でリサイクルすることに決めました。

やることは梱包して待つだけ

iPhoneのリサイクルはAppleの公式サイトから申し込みました。

下の画像にある赤枠のリンクから郵送でのリサイクルを申し込めます。

郵送での回収はリネットジャパンリサイクル(株)がやってくれるようです。どこかで聞いたことがあると思っていたら私の住んでいる自治体のパソコン回収もやっているようでした。自治体と連携しているので信頼できる会社だと思います。

さて、リンク先で回収するものと日時と住所を書いて申し込むとあとは梱包するだけ。ケーブルもリサイクルできたりiPhoneを2台同時に郵送したりできるようですが私は水没したiPhone7だけ送りたかったので退職届を書いたとき余った封筒に入れました。

iPhone7の梱包。忘れやすいので回収日をメモ。

指定した時間帯に佐川急便の宅配ドライバーが伝票をもって荷物を回収しに来てくれました。中身がスマホなのに封筒だけで梱包しているとドライバーも気を遣うと思ったので「壊れたiPhoneなので投げても大丈夫です」と伝えました。

データは消さないといけませんが私のiPhone7は充電ができなくて物理的に消せなかったのでそのまま郵送しました。壊すならデータは復旧できませんし部品取りに使うなら一度初期化すると思うのであまり心配はしていません。

まとめ

ということでiPhoneを郵送でリサイクルするにはネットで申し込んで梱包して宅配ドライバーに渡すだけだということがわかりました。

ガラケーのときもそうですが意外と使っていない携帯を家に保管している人は多いと思います。思い出があるからという人もいれば捨て方がわからないという人もいるでしょう。

思い出の携帯なら末永く保管したほうがあとで思い出にひたれて幸せだと思いますが捨て方がわからないだけでしたら簡単なのでやってみてください。


Sponsored Link

Sponsored Link