【読書】2chまとめとSSが読めるなら本は余裕で読める【克服】

こんにちは。

愛読書は2chまとめとアニメの創作SS(ショートストーリー)だったユータローです。

今回は読書が苦手な人に向けて「2chまとめと創作SSが読めるなら本は余裕で読める」ことを伝えていきます。


スポンサードリンク

2chまとめと創作SSは読めますか

まず、2chまとめと創作SSは読んだことがありますか。

インターネット掲示板2chでおもしろいスレッドをまとめた記事と、アニメやライトノベルをベースに原作にはないストーリーを描いた短い物語のことです。

いまはもうオカルト系のまとめを除いてほとんど読まなくなってしまいましたが、高校生から当時最新だった富士通のガラケーで夜が更けるまでよく読んでいました。

当時、読書嫌いだった私は「本は難しい」と思っており、ひたすら2chまとめと創作SSを読んでいたんですね。

それはもう、wikipediaからアイデアを取った○○wikiというサービスがいくつか展開されていて流行していたので、wikiにまとめてある2chまとめや創作SSはアーカイブから最新作までほとんど読破したといっても過言ではありませんでした。

2chまとめや創作SSは基本的に1文ごとに改行する作品がほとんどだったので、ガラケーの小さな画面でもさらさらと読むことができました。

さらに、文章自体も非常に簡単でした。

あの頃は携帯小説というジャンルも流行っており、携帯小説も文章がやさしかったのでちょっと重めの恋愛物語などを読んでいた人もいることでしょう。

このように、昔は本が苦手なのに2chまとめと創作SSは読めるというタイプでした。

2chまとめと創作SSが読めるなら本も読めると気付いた高校時代

さて、2chまとめと創作SSを空き時間によく読んでいたところ、ふと気づいたことがありました。

それは「2chまとめや創作SSが読めるなら、本だって読めるのでは」という気付きでした。

よく考えてみてると、2chまとめや創作SSは1文ごとに改行するので見やすく言葉も簡単なのであっという間に読めてしまいますが、文字数に換算すると本の1章分読んでいたりするんですね。

本の1章分を1日で読んでいたとすると、例えば5章で構成されている本は5日で読破できる計算ですから、2chまとめと創作SSを5日読んだだけで本1冊を読破したことと同じ量の文章を読んでいることになります。

しかし、「ネットの文章は簡単だから読めるけど、本はテーマも文章も難しいから読めない」と思うかもしれません。

実際、当時は本といえば教科書に出てくるお堅い本を想像していました。

でも、これだけAmazonが普及しているいま、本選びには無限の選択肢があります。

試しにAmazonを開いて検索バーに好きな言葉を打ち込んでみてください。

カテゴリーは本に設定します。

おそらく、新書といった手軽に読める本から単行本、さらにはベストセラーの文庫本がずらりと検索結果に並んでいるでしょう。

それこそ、本は宇宙や世界経済を語る本からアニメやゲームから時代の潮流を探る本、セクシー女優の自伝や裏社会のしきたりを扱った本までありとあらゆるジャンルがあります。

つまり、人間がやることはすべて本のジャンルになるのです。

さらに文章のむずかしさについても、大学教授が読んでも1回では理解できない研究書もあれば中学生や高校生をターゲットにしたヤングアダルト小説や新書もあるので、自分が読めるレベルの本が必ずあります。

これだけありとあらゆるジャンルと文章レベルが網羅されている本を、「難しいから読めない」と思っているのはとてももったいないといまでも強く思います。

2chまとめや創作SSレベルの文章が読めるのなら、それはもう「本を読める」といっていいです。


スポンサードリンク

AmazonとBOOKOFFに有り金をつぎ込んだ大学受験

「2chまとめと創作SSが読めるなら本も読める」と気付いてからは手元のお金をほとんど本に費やしました。

なぜなら簡単に読めるおもしろい本がたくさん見つかったから。

例えば、「恋愛 おすすめ 本」でもいいですし、「東大 勉強法 本」でもいいです。

検索するときに○○+本と打ち込むだけで膨大な数のおもしろい本に出会うことができます。

その中から、どうしても気になる本をメモしておいてAmazonとBOOKOFFを駆使して一度に20冊くらい買い入れていました。

当時は普通科の高校を中退したものの大学に進学したかったので通信制の高校に編入して受験勉強をしていました。

とはいっても、学科の内容もよくわからないですし、何より教科書ほどつまらないものはないと感じていたので、教科書をそっちのけに買い入れた本を片っ端から読んでいました。

これがまたおもしろいんですね。

しかも、本を読むと少しばかり知識がついてくるので、国語の教科書に載っている小説や世界史の偉人に興味がわいてくるという好循環になりました。

この結果、2chまとめと創作SSしか読まなかった読書嫌いが、有り金をはたいて本を買い込み大学に入学するまで200冊くらい読む読書マンになったのでした。

まとめ

今回お伝えしたかったことはただ1つ。

「2chまとめや創作SSレベルの文章が読めるのなら本は余裕で読める」ということです。

2chまとめや創作SSはYahoo!ニュースやブログと言い換えても構いません。

とにかく、「本は難しい」という考えは絶対に違うと伝えたかったです。

なぜなら、これだけ毎日義務教育レベル以上の文章を平気で読んでいる生活をしているのに、「本が読めない」ことはあり得ないから。

本を読むことは偉くも立派でもないですけど、ただおもしろいコンテンツが転がっているのに読まないのはもったいないです。

といいながら、久しぶりに読んだ部長がカツラを取るまとめでゲラゲラ笑うユータローでした。

おしまい。


スポンサードリンク