Uber Eats雨の日の服装と便利グッズ12選【決定版】

こんにちは。

雨の日に自転車で配達していたらマンホールの上で後輪が滑りお股がヒュッとしたユータローです。

今回はUber Eatsで雨の日を快適に配達するための服装と便利グッズを12個ご紹介します。

自転車の人もバイクの人も参考になるので、この中から自分に合ったグッズをチョイスしてくださいね。


スポンサードリンク

雨の日の服装と便利グッズ

公式バッグ(第4世代)

まず、公式バッグは最新モデルの第4世代にします。

なぜなら、第4世代の公式バッグは防水機能があるから。

第3世代のロゴなしバッグや第2世代の緑色のバッグを使い続けている配達員は一度第4世代のバッグを検討してみてください。

第4世代のバッグは防水機能があるのでレインカバーが必要ありませんし、バッグも丈夫になっているので配達が楽になりますから。

もし急な土砂降りになった場合は、あとで紹介するセームタオルで雨粒を拭けるので心配ないですよ。

レインウェア

雨の日はレインウェアが快適です。

レインウェアが快適な理由は次の通り。

レインウェアが快適な理由

・軽くて動きやすい。
・カッパよりも耐水圧が高い。
・通気性抜群。
・お手入れがかんたん。
・小さく収納できる。

まず、レインウェアは軽くて動きやすいです。

なぜならカッパと違い、アウトドアで体を動かすことを前提に作られているから。

登山やスキーなど、急に雨や雪が降っても耐水圧が高いので身体を保護してくれます。

さらに通気性が抜群によいので、汗をかいても乾いてくれるのがうれしいです。

レインウェアを使い終わったら、ぬるま湯でやさしくもみ洗いをしてあげればウェアへのダメージも少なく汗の臭いも取れます。

小さく収納できるので突然の雨でも安心して配達できますよ。

レインウェアで評判がいいのはミズノのベルグテックです。

ベルグテックは国内メーカーのミズノが手掛けるレインウェアで、上下セットで販売されています。

本格的なレインウェアのなかでも入門者向けの商品なので、手が届きやすく重宝します。

ちなみに、ユータローはモンベルのピークドライシェルバーサライトパンツを使っています。

レインウェアは身体を守る大事なグッズなのでお金に糸目はつけないようにしました。

Amazonでレインウェアを探す

キャップ

雨の日は目元に雨があたるので、雨除けのキャップは必須です。

ただ、ファッションとしてかぶるキャップでは通気性が悪いのでムレたりキャップのつばから雨が滴ってきたりします。

そこで、キャップは通気性のいいスポーツタイプを選びます。

ランニングでかぶるキャップをイメージするといいでしょう。

ユータローはモンベルのキャップを使っています。

メッシュ地なので通気性がよく、軽くてつけていることも気にならないです。

ちなみに、巷にはUber Eatsのロゴ入り野球帽があります。

この野球帽をかぶった配達員とは一度もお会いできていませんので、お好きなかたはどうぞ。

Amazonでキャップを探す

ヘルメット

雨の日は滑りやすいので、転倒したときに頭を打たないようにヘルメットをかぶります。

自転車はヘルメットをかぶらなくてもいいことになっていますが、かぶると安心して走れることと事故に巻き込まれたときの重症度が軽くなることから個人的におすすめします。

警察庁によると、自転車事故に巻き込まれた人の60%は頭に致命傷を負っており、ヘルメットをかぶらない人の致死率はかぶる人より2.4倍高いです。

ヘルメットをかぶったほうが安心して配達できるので、自転車でも1つは用意しておくことを強くおすすめします。

おすすめのヘルメットはOGK KABUTO FIGOです。

OGK KABUTO FIGOははじめてクロスバイクに乗ったときにかぶっていましたが、本格的なヘルメットのなかでもビギナー向けなので手に取りやすく、デザインも格好よかったです。

耐久性も十分で、道路に飛び出していた街路樹の枝にぶつかったときもFIGOで無事ブロックできました。

いまは登山やウォーキングでモンベルが好きになったこともあり、モンベルのサイクルヘルメットをかぶっています。

Amazonでヘルメットを探す

ランニングシューズ

配達員のなかには、雨の日の配達にマリンシューズを履いている人もいます。

ただ、マリンシューズは海で使うことを前提に作られているので、水には強いですが靴としての機能はおさえめです。

そこで、通気性がよくてすぐ乾く、なおかつ靴として配達中に酷使する足をサポートしてくれるランニングシューズを推します。

ランニングシューズはたくさんありますが、ナイキ、アディダス、プーマなど有名なブランドのシューズなら問題ありません。

ランニングシューズのメリット

・メッシュ地なので通気性がよく乾きやすい
・軽いのに丈夫
・疲れにくいように工夫されている
・スポーティなデザイン

どうしても雨の日に濡れたくない、あるいは降水量が多いといった事情があるならあとでご紹介するシューズカバーを検討してみてください。

ユータローが今履いているのはアディダスのエアロバウンスというシリーズです。

通気性がいいのはもちろんのこと、足のホールド感が心地よかったのとアディダスのロゴが格好よくあしらわれていたのでエアロバウンスを選びました。

Amazonでランニングシューズを探す

ジップロック

雨の日の配達にかかせないのがスマートフォンの防水対策です。

最近のスマートフォンは防水機能も付いていますが、あくまでも手を洗ったときの水しぶきを防ぐというくらいの機能なので防水対策は必須です。

ただし、専用の防水ケースとなると使用頻度が低い割には高いですね。

ということで、個人的に100円ショップの小さいジップロックをおすすめします。

ジップロックというとお肉を冷凍庫に保存しておく大きいサイズを思い浮かべると思いますけど、100円ショップには小物を入れる小さなジップロックが売っています。

店頭で自分のスマートフォンのサイズが入るか確認できたら迷わずゲットしましょう。

ジップロックに入れても画面を操作できますし、土砂降りでもまったく濡れません。

スマートフォンホルダーにぎりぎり差すこともできるので配達も心配ないですよ。

セームタオル

雨の日の配達では、レストランやお客様のマンションなどに入るときに汚さないよう雨水を拭きますよね。

ただ、普通のタオルだと2~3回配達するだけで絞ってもビショビショになってしまいます。

そこで、どれだけ濡れても吸水力が落ちないセームタオルが活躍します。

セームタオルはもともと車を洗車したあと水滴を取るために開発されました。

しかし、車以外にも便利なグッズだとわかり、現在は水泳のタオルとしてよく使われています。

セームタオルは普通のタオルと違い、普段はパリパリで硬いので使う前に水で柔らかくします。

セームタオルの使い方

①そのままだと硬いので水に濡らす。
②柔らかくなったら水を絞る。
③拭きたいところに上からかぶせるように当てる。
④吸水力がなくなったら絞る。

どれだけ水を吸っても絞れば吸水力が回復するので、小雨から土砂降りまで助かっています。

ユータローは100円ショップのセームタオルを使っていますけど、さきほど紹介したミズノなどスポーツメーカーも質のいいセームタオルを取り揃えているのでお好きなほうをどうぞ。

Amazonでセームタオルを探す

尾灯

雨の日は視界がよくないので自転車だと車やバイクから見えにくくなります。

しかし、自転車には前照灯は取り付け義務があっても尾灯は取り付け義務がないので反射板だけで走っている人がほとんどです。

反射板は夜の暗い道ではよく反射しますが、雨の日のように視界が悪くても明るい場合はあまり期待できないので尾灯をおすすめします。

尾灯はロードバイクに乗っている人がうしろによく取り付けている赤色のライトです。

車やバイクと同じようにうしろが赤く光るので視界の悪い雨の日でも周りのドライバーから認識されやすいです。

尾灯にはUSB充電式と乾電池式の2タイプがあるので、ランニングコストが気になる人はUSB充電式、充電切れが心配な人は乾電池式を選ぶとはかどりますね。

ユータローはMoonの尾灯を使っています。

かなり明るいのと1回の充電で点滅モードにすると最大25時間持つことが決め手になりました。

Amazonで尾灯を探す

雨の日オプショングッズ

ここまではUber Eatsで雨の日の配達に役立つ便利グッズをご紹介しました。

ここからは「必ずしも必要ではないけどほしい人はどうぞ」というグッズを紹介していきます。

泥除け

まずは泥除けです。

クロスバイクやロードバイクといったスポーツ自転車は、はじめから泥除けがついていません。

しかし、雨の日に配達すると後輪が泥をはね上げてバッグに泥が跳ねます。

泥が跳ねてもお料理には影響ありませんし、レストランやお客様のもとに伺う前に拭けば大丈夫です。

それでも気になる人はオプションで泥除けをつけるといいでしょう。

ひとりで簡単に取り付けられる泥除けもありますので、泥跳ねが気になる人は検討してみてください。

Amazonで泥除けを探す

サイクルグローブ

雨の日はハンドルが濡れるのでグリップ力が落ちます。

グリップ力が落ちると、手が滑ったり力が入りにくかったりするので自転車用のグローブがあるといいかもしれないです。

ユータローはモンベルのサイクルグローブを使っています。

注意点は、Uber Eatsの公式バッグがマジックテープ式なので指の先まであるグローブだとマジックテープに巻き込まれてボロボロになること。

マジックテープでボロボロにならないためには、指先がカットされている通称「ドライバーズグローブ」が便利です。

なかでも、シマノは高品質な自転車部品をつくることで有名ですのでグローブも安心です。

Amazonでサイクルグローブを探す

シューズカバー

さきほど雨の日の配達はランニングシューズがいいとお伝えしました。

しかし、ランニングシューズも乾きやすいものの濡れますので、どうしても濡れたくない人はシューズカバーで足元を守りましょう。

ただし、シューズカバーは使ったことがないので検討している人はほかのブログを参考にされることをおすすめします。

シューズカバーで参考になる記事のリンクを貼っておきますね。

Amazonでシューズカバーを探す

防水ケース

スマートフォンの防水には100円ショップのジップロックで大丈夫だとお伝えしました。

それでも、ジップロックだと見栄えが悪くスマートフォンホルダーに固定しにくい、と思う人もいますね。

ジップロックで防水対策するのに抵抗がある人は、専用の防水ケースも検討してみてください。

専用の防水ケースなら、見栄えもよくスマートフォンホルダーにも差しやすいですから。

ただしユータローは防水ケースを使った経験がありませんので詳しいレビューはほかのブログに譲ります。

Amazonで防水ケースを探す

スポンサードリンク

まとめ

Uber Eatsは雨の日だと配達員が少なくなるかわりにお客様の注文が急増します。

働きたい配達員にとって、雨の日は確実に稼働しておきたい日です。

ただし、雨の日はとにかく濡れるので防水宅策は必須。

ということで、今回はUber Eats配達員に役立つ雨の日の防水対策をご紹介しました。

この記事を書いている間マンホールの上で滑った記憶がよみがえっては肝が冷えるユータローでした。

おしまい。

あわせて読みたい記事

Uber Eats公式バッグのメリットを徹底解説。

雨の日でもこれ交通ルールさえ守ればOK。

雨でスマートフォンがバグりそうになったら写真を撮らずに素早く配達。


スポンサードリンク