2019年度買って良かったもの【仕事道具編】を全力で紹介する

こんにちは。

元東証一部の自動車部品会社で事務屋をしていたユータローです。

前回2019年度買って良かったもの【生活編】を紹介しました。

今回は2019年度に買ってはかどった仕事道具を紹介したいと思います。


スポンサードリンク

2019年度買って良かった仕事道具

それでは順番に紹介していきます。

イキリ会社員だったので高級志向です、ゆるしてくださいなんでもしますから。

セーラー万年筆 プロフェッショナルギア 油性ボールペン

まずはペンから変えてみました。

2019年度は私が就職して2年目だったということもあり「よりいっそう仕事するぜ」とイキリスキルを発揮して高級志向でチョイスしました。

「ペンは剣より強し」なんていいますね(いざというときは刺しちゃえ!)。

仕事のできるマネジメント職がだいたい良いペンを使っていたので触発されたのでした。

なぜセーラーかといえばこのシンプルかつ上質なフォルムに見とれてしまったから。

実際伊東屋さんで試し書きしたときも手になじんでスラスラと書けました。

ホントはペリカンのスーベレーンと迷っていたんですけど、スーベレーンはやや重心が傾いているのとカリカリした書き味だったのでセーラーを選びました。

1本目は初心者向けのプロフィット21金色を買ったものの取引先の工場で落として真っ二つに。

2本目は本格志向のプロフェッショナルギア ブラックで仕事をしていました。

しかし、手汗ですべるのでマット仕様を施したプロフェッショナルギア インペリアルブラックを3本目に迎え入れたのでした。

定価で買うと1本1万円くらいしますけど、ペンなんてそうそう買い換えるものでもないですからね、ここはあなたに合った高級ペンで取引先をびびらせてやりましょう(混乱)。

はい、次!

キタムラ ブリーフケース

さて、ビジネスマンといえばカバンですね。

取引先の常務が「アメリカ出張にはいいカバンで出かけるよ」といっていたのに触発されて奮発しました。

当時横浜に住んでいたので、日本のメーカーでシンプルかつ上質な革製品をつくっているところといえばキタムラさんでした。

早速ショップでカバンを持つと一番手になじんだのがこのブリーフケース。

え、価格?そんなの怖くて見ないに決まってるじゃないですか(震え声)。

まず持ち手が手の形にぴったり沿うようなやわらかさ。

それでいてノートパソコンとスマホと紙の資料をどさっと入れてもびくともしない頑丈さ。

なによりなめらかなフォルムと重厚なデザインが2年目のペーペーに気品を添えてくれます。
早速これで合理化交渉にいったところ一瞬で場が引き締まったような気がしました(錯覚)。

惜しくも現在は販売終了とのこと。

つぎに期待ですね。

キタムラの公式サイトで探す

無印良品 書き込めるメジャー シルバー

お次はメジャーです。

自動車業界で部品の調達をしていたのでメジャーは必須でした。

ただし工事現場の人が使うクソデカメジャーは重いしかさばるのでコンパクトかつ耐久性のあるメジャーを探していたところ無印良品で発見。

胸ポケットに入れたことを忘れるくらいコンパクトでデザインもシンプル。

ただでさえ殺気立っている職場なのでせめて使うものは上質なものにしたいですね。

ライオン事務器 ステンレス定規 100mm

ただしメジャーだと大きすぎるときもあるので小さな定規も必要です。

そんなときはライオン事務器のステンレス定規です。

100mmととてつもなく短いので胸ポケットに入れてもかさばりません。

最近流行りのおしゃれなペンケースにも余裕で入ります。

しかもこの商品、端っこが斜めに上がっているのでそこを指で押してあげるとひょいっと定規がとれます。

机にへばりついた定規をひょいっととれてストレス解消!!

はい次!

DAKS 牛革ペンケース ブラック

ペンを紹介したのにペンケースの紹介を忘れていました。

こちらはDAKS、チェック柄でよく見かけると思います。

ミニマリストの端くれとしてこの超コンパクトな革のペンケースに一目惚れしました。

だいたいセーラーのボールペン2本+シャーペン1本+赤ペン1本+シャー芯+MONOの小さい消しゴムで一杯になります。

コイツのいいところはコンパクトなだけでなくペンが入っていようがいまいが自立すること。

かなりしっかり作られているので机でもカバンの中でも自立して場所を取らないです。

そしてこのシンプルかつ上質なデザイン、惚れないわけがないッ(錯乱)。

KINTOトラベルタンブラー500ml

会社にいると喉が渇いてつい自動販売機に駆け込みませんか。

特に、紙コップ式の自動販売機でコーヒーを注文して休憩所で一息ついたり。

でもコーヒーって自分で買って淹れたほうが絶対おいしい!!!!

そう確信したのでついに水筒を買いました。

KINTOの水筒はこのマットで飾り気のないシンプルなデザインが超クールです。

そして朝コーヒーを淹れるときにコイツにも注いで会社にいけば、家のコーヒーをオフィスでも再現できてリラックスできます。

重要な会議や報告があるときはコーヒーもちょっとイイものにして気分をあげていました。

経済的ですし、パッキンも洗いやすいので一人暮らしの男でも毎日キレイに保てますよ。

ハーマンミラー アーロン リマスタード

会社の仕事というより自宅での作業用ですが紹介します。

定番中の定番ですね。

我らがハーマンミラーのアーロンチェア。

ボーナスの使い道を考えた結果費用対効果が超絶いいだろうということで有明の大塚家具本社ショールームで試乗。

オカムラのバロンとコンテッサ、エルゴヒューマンのリクライニングしながら本読めるヤツと比較して1時間くらい悩みました。

アーロンを購入する決定打となったのは2つ。

1つはリクライニングしたときの圧倒的な安心感でした。

どれだけ後ろに倒しまくっても絶対にひっくり返らないという確信がある。

2つめは前傾姿勢をとれることでした。

アーロンは仕事で使うためにとことん設計されているので、デスクワークに集中できるようイスを前のめりに保てる機能がついています。

イスを前のめりにすると自然と机に向かいますし、背筋も伸びて姿勢もよくなるんですね。

こうしてビジネス用途に徹しているアーロンに惹かれないはずはないッ。

ということでその場で即決購入しました。

ちなみにコイツ、12年保証付きですよ。

バルバーニ ワークスタジオ デスク&ワゴン

最後もまた自宅メインの作業道具です。

静岡県にあるバルバーニというメーカーさんのデスクとワゴンを購入しました。

このデスクは他のデスク同様奥行き、幅、色を選べるのですが、注文してから作るので細かく寸法を指定できます。

といっても注文してから約1週間ほどで届いたので仕上がりも早いです。

バルバーニのワークスタジオはシンプルなデザインなのでとても落ち着きます。

以前無印良品で折りたたみデスクを購入したのですが木目と明るい色が目について落ち着かなかったのでバルバーニの素朴さはありがたい。

それでいてデスク表面は下敷きなしで書いても書きやすいように特殊加工が施してあるので書き味はとてもなめらか、ホテルのフロントで住所や名前を書くときのように筆先が自然に動いていきます。

さらに驚いたのがデスクの軽さ。

バルバーニのワークスタジオを購入して2ヶ月後に仕事の都合で引っ越したとき、デスクを抱えてみたらラクラク運べました。

別売りのデスクワゴンも中身を出してしまえばとても軽いので移動の多い人でも運ぶのに困りません。

ちなみにこのワゴン、地震が来たとき動かないように引き出し側の脚は固定タイプ、裏側のみキャスターがついており、ワゴンを動かすときは引き出し側をちょっと上に持ち上げないと動かない仕様になっています。

ワゴンって暴れますからね。

幸いこのワゴンは軽いのでどうしても動かさないといけないときは軽々持ち上げられるので心配には及びません。

便利なので本に資料にカレンダーに筆記用具に…と無限に置きたくなってしまいデスクは絶賛フル稼働中です。

便宜上Amazonで紹介していますがより詳細な寸法やサイドテーブル代わりになるサイドワゴンなどをお求めの場合は大塚家具の有明ショールームが便利です。

いくのにちょっと手間がかかりますが足を運んでみると納得感が段違いですね。

ということで2019年度に買って良かった仕事道具を紹介しました。


スポンサードリンク

まとめ

私は会社員時代部品の購買をしていたので、仕事柄社内の各部署だけでなく取引先の仕事道具も見る機会がたくさんありました。

そこで気づいたのは仕事のできる人ほど仕事道具にもこだわっていることでした。

ただし「仕事ができる」と一口にいってもプレーヤーなのかマネージャーなのかいう人によって変わりますね。

私の場合、「仕事ができる」のはマネージャータイプを指しています。

その人が出てくると1週間グダグダやっていたことでもその場で話がついてしまうタイプです。

こういう人たちはもれなく胸に挿すペンや手帳、客先や仕入先に出向くときのカバンなど新人の私が見てもわかるくらい上質なものを愛用していました。

そして客先や仕入先の人はわりと仕事道具にお金をかけているかを見ています。

なぜなら仕事道具にお金をかける人は仕事に賭けている熱量が違うから。

高くても自腹を切って道具を揃えますから仕事の本気度は段違いです。

本気の人なら客先も仕入先も一種の緊張感をもって接してきます。

「御社のお言葉、一言一句漏らさず書き留めてやる」くらいの勢いでまずはペンから変えてみましょう。

おしまい。


スポンサードリンク