元新宿ビル清掃員が語るマキタのコードレス掃除機の魅力

こんにちは。

大学時代に2年間新宿のオフィスビルで清掃員をしていたユータローです。

今回は仕事で使っていたマキタのコードレス掃除機が超使いやすくていまでも家で使っているので紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

朝6時半からはじまるタイムアタック

まずオフィスビルの清掃員がどんなものかについてお話しします。

私の場合都庁が見える7階建てのオフィスビルを担当し、朝6時半から9時半まで働いて大学に行く生活でした。

現代の新聞配達って感じですね。

清掃に入るテナントは決まっていて、英語教材とかビルメンテナンスとか、婦人服、お米、建設コンサルタント、プロバイダ営業、プリンタ営業…etc.と書いていたらキリがありません。

テナントといっても企業は限界までスペースを有効活用しますので席はぎゅうぎゅう、普通の掃除機だととにかくお掃除がしにくい。

しかも社員さんが出勤する時間にぶつかるので早く掃除しないと社員さんの邪魔になります。

そんな時間との戦いのなか「こいつぁすげぇや」と感動したのが何を隠そうマキタのコードレス掃除機。

業務用なので業者以外はあまり知られていませんがマキタの信頼性はピカイチ&実際に仕事で2年と自分用で2年半の合計4年半使っている経験から全力でおすすめしたい一品です。


スポンサードリンク

マキタコードレス掃除機CL100DWの魔力

マキタの掃除機は種類がありますが業務用で使っていたのがこのCL100DWです。

コイツは充電式でコードレス、手の小さい人でも片手で押せるON/OFFボタン、紙パック不要で吸ったらすぐ捨てられるという超スグレモノです。
なんせ腰の曲がったおばちゃんが机の下とか片手でスイスイっと掃除できるくらい手軽なので、家庭用のクソデカ掃除機はその日に現役引退になること必至でしょう。

それでは私がコイツを気に入っている理由を書いていきます。

机の下を掃除してもノズルが床にピッタリ

マキタコードレス掃除機CL100DW
オフィスだと向こう側の机との間にコンセントがたくさん。そこまで一網打尽にできる。

まずこの鋭角でもノズルが床に張り付きます。

オフィスって机の下だけでなく応接室のソファの下だったり狭いところがたくさんあるんですね。

でもコイツは写真のようにほぼ床に平行にしても全く問題なく吸い取ります。

スキマに入りすぎるのでたまに社員さんが書いたまま行方不明になったメモ書きとかがノズルにくっついて出てきたりします。

それはおいといて、社長室の高級な机もぶつけて傷つけずに足下を掃除できるので仕事がはかどりました。

コードレスなので四隅も全部対応可

さらになんといってもコードレスなので、コンセントから遠い隅っこもちり一つ残らないくらい徹底的にお掃除ができるんですね。

付属の充電器で充電すればすぐ使える。

テナントさんによってはコンセントを机やプリンターで塞いでいたり、あってもオフィス全体を掃除するには不便な箇所だったりと事情があります。

なのでコードレスのコイツは無限に動き回れて「the オフィス」みたいにキレイな仕上がりになります。

ここだけの話婦人服とプロバイダ営業はオフィスがすごい(自主規制)ことになっていたのでコードレスのコイツじゃないと死にそうでした。

ホントに業界によってオフィスのレイアウトや整理整頓状況が全く違います。

特に婦人服のようなクリエイティブ系やプロバイダ営業のような闇深い系はオフィスがすごい(自主規制)ことになっているのでコイツの出番がなくなりません。

コンセントの家庭用掃除機と同じくらいの吸引力

そしてさすがは業務用掃除機です。

コンセントをぶっ差す家庭用掃除機に比べて吸引力は引けをとりません。
ビーズみたいな硬いヤツも「しゅばばばばばb」とあえなく吸い取られていきますし、カーペットにこぼれたコーヒーの粉でさえ無念にも成仏してしまう。

ゴミにとっては辛いでしょう、コイツは。

せっかくほこりのかぶったジャングルのような秘密基地になったのに、コイツのせいで瞬く間に「the オフィス」のようにキレイになってしまいますから。

目も当てられませんよ、まぶしすぎて。

吸い取り口も中くらいのクリップが余裕で吸い取れる広さなので吸い取れないものは思いつきません。

吸い取り口は十分広い。なんか心霊写真みたいになってしもた。

というかクリップよりも大きいものなら明らかに邪魔なので手で拾うでしょう、それは掃除機より人間の出番です。

なのでコイツが吸い取れないものは基本的にありません、はい。

ON/OFFボタンが快適なので族になってしまう

お待ちかねのON/OFFボタンは人差し指1本で握ったり離したりするだけです。

取っ手の黒いボタンでON/OFF。日頃のストレスは握って解消せよ。

フル充電の稼働時間は12分と書かれていますけど、使いたいときだけON、指を離したら即OFFに切り替わるので実際は30分くらい使えます。

実際朝出勤すると予備の充電池を2つ持って各テナントさんを回っていきます。

3時間の勤務時間のうちだいたいコイツの出番が1時間半~2時間くらいなので家庭用なら充電池1つで足りると思います。

「ちょっとうちのお宅は寝室が4部屋くらいあるので…」というかたはそうですね、追加の充電池を2~3つ用意しておけばお手伝いさんもラクラクお掃除できるでしょう。

ちなみにこのON/OFFボタン、ON/OFFの切り替わりが早いので族のあんちゃんのように「ふかす」ことができます。

「ウィンウィンウィンウィーンッ!」と掃除の邪魔になる息子や旦那を威嚇できるので掃除がはかどります。

無言の圧力、つよいですよ。

吸い取ったゴミはポイーでOK

最後に吸い取ったゴミの処理方法です。

コイツのなかは写真のようにフィルターの外側にゴミが溜まっていきます。

ああ貴重な髪の毛が…。落ちてしまえばただのゴミ。

ある程度ゴミが溜まったらフィルターの外側のゴミをそのままゴミ箱に突っ込めばOKです。

別売りの紙パックとかまったくいりません。

そしてこのフィルター、取り外して洗濯できるので汚れたら軽くゆすいで陰干ししておきましょう。

フィルターがボロボロになっても換えが売っていますので心配ないです。

というか仕事で使っていても新品のフィルターは半年~1年もっていたので、家庭用で使うなら1~2年はもつんじゃないかと思います。

それだけコイツは耐久力があるのです、軽いのに。

ということで元新宿ビル清掃員が感じたマキタのコードレス掃除機CL100DWの魔力をご紹介しました。

まとめ

マキタのコードレス掃除機CL100DWはこんな人におすすめします。

マキタコードレス掃除機CL100DWがおすすめな人

・家庭用掃除機では届かない場所がある
・よくこぼす子どもや旦那がいる
・といいつつ自分も茶葉とかビーズとかこぼす
・というか家庭用掃除機いらないくらい部屋がコンパクト
・お犬様とお猫様の下僕である

元新宿オフィスビルの清掃員としてマキタのコードレス掃除機の魔力にとりつかれてしまったユータローでした。

おしまい。


スポンサードリンク